ツマのつぶやきと、お仕事(似顔絵・イラスト)日記<現在は育児の為お仕事程々>
先日お話した支援センターへのダンボールキッチン、早速寄贈してきました。

程よい大きさのダンボールは、ホームセンターの店員さんが快くくださいました!
ありがとう!ビバホーム!!

ただ、使ったのは大人用紙おむつの箱。
商品名がでかでかと印刷されていたので、目隠しラッピング。

すぐに壊されるだろう・・・と先生からお話をきいていたので、単純な作りでしあげました。
それが、コレ。

kizou_01.jpg

クッション材でガスレンジのつまみを作成。
モール(針金)を通して、クルクル回るようにしました。

水道は、シールラッピングの筒を切って作成。
その後、銀色の折り紙をぺたぺた貼りました。
回すところは、紐を通して動くので、ちょっとリアルに感じ取れるかな?
引っこ抜かれないように、でも修理しやすいように工夫はしてある。

失敗したのは・・・・
kizou_02.jpg

背面の壁に、蛇口がひっかかってしまうこと・・・・
もう少し手前か、ムスメの言うとおり左角に設置すればよかった・・・・反省。
この辺が、私らしい。

kizou_03.jpg
早速、設置していただきました。
備品もすっぽり収納できてよかった・・・・

ただ、支援センターにくる子達は2歳以下ぐらいなので、いまいちピンときていない様子。
シンク代わりのボウルを外して台にのっかって・・・みたいな。

保育園にいる年中年長さん達のほうが反応がよく、触りたがってました。(^^;

まぁ、参考資料という事で・・・・

とりあえず、キッチン終わり!!

次は「お店屋さん」作ったの!!
またちょっと「やらかした」けど、いいできなのよ!!
お楽しみに。

【2015/03/30 00:06】 | ハンドメイド
トラックバック(0) |
さて、ダンボールキッチンであそぶようになったムスメ。
お母さんがご飯を作っているときは、いっしょになってままごとをするので、ベタベタと絡みつかれることなく、安心して唐揚げなど作れるようになってきた。

できあがったダンボールキッチンをみて、何かが足りない。
あ、水道が必要だよね・・・・

って事で、またいろんな人からアドバイスをもらって、作ってみた。
とりあえず、簡単に・・・・こんな形?
ダンボールに、コピー用紙を貼って、荒隠し。
jyaguchi_01.jpg

間にはクッション材となっていたやわらかいスポンジをはさんでみた。
jyaguchi_02.jpg
なぜ下側があいているかというと・・・・・


jyaguchi_03.jpg
蛇口をスマートに差し込むため。
ベタベタと貼らなくてもすむようにしてあります。

jyaguchi_05.jpg
らしく見せるために、銀色の折り紙を、見える範囲に接着。

そして、調味料棚を作りたかったので、大きな一枚ダンボールをべったりと貼り付けて、余っていたリメイクシールを貼り付けて完成。
K_09.jpg
おお!なんかさまになってきたぞ!!と、自画自賛してみたり。

でも、使ってみてわかった。
棚は作らない方がいい。調理で動かす度に、上から物が落ちてくる。
ってことで、次回は早速リフォーム思案中。

【2015/03/10 00:13】 | ハンドメイド
トラックバック(0) |
おもちゃ屋にいけば、それなりのカッコいいキッチンセットはあるけれど、大きくなったときの処理に困る。

ならば、作ろう。
勉強はできないけど、図画工作には自信があるぞ。母ちゃんは!
ってな事で、できるだけ低予算で作ることを目標に製作開始。

お勧めは、オシメのウルトラジャンボサイズ3パック入りの箱。
ガスレンジとまな板代わりの奥行きがあるので、子供には使いやすい広さかも。
でも、うちの部屋は狭い。

たまたま、母ちゃんが買ったばかりのパソコンの箱が、高さといい狭い奥行きといい「ジャストサーイズ!」だったのでこれを加工する事にした。

《 材 料 》
●適当な箱(オシメの箱がお勧め。ただし少し強度が足りない)

以下、ワンコインショップで・・・
●キッチンボール(シンク代わり)1個
●整理用ボックス  4個
●シールシート(正式名わからず) 2本
●コルクシールシート 1枚
●強力マグネット 6個入りぐらいのワンパック。

現時点で900円
いま、とりあえずこれぐらい?

K_01

まずはボールが入るよう、小さめの切れ込みをいれてカット。
K_02.jpg
ざっくりですが、このガタガタ感がボールを支えます。微調整しやすいです。
(端に雑ともいう)
K_03.jpg

ほら、ピッタリ。

K_04.jpg

上部8センチの部分は、のちのちガスレンジのボタンとか付ける為の部分なので、とりあえずノリで補強して貼っておく。

次に、カットしてしまった事を深く後悔してしまった「オーブンレンジ代わりの扉」を作成。
K_06.jpg
カットしてしまったダンボールの上に、白と青の画用紙を貼って、それなりの雰囲気に。
(今はすでにムスメに落書きされていますが、まぁ気が向けば貼りなおせばよいかと)

せっかく扉をつくるんだから、それなりに閉まらないと!という事で、強力磁石で、ダンボールの厚みに負けない磁力のものを、扉と躯体に貼り付ける。(ガムテープ)
K_06-3.jpg
K_06-2.jpg
折曲がった所の裏に、磁石を貼り付けてあります。
取っ手は、パソコンのクッション材がなかなか手触りのいいスポンジだったので、それを小さく切って貼り付け。

なかなか勢いよく閉めても、きちんと収まる扉です。
ぐっジョブ磁石!
あなどれないね!100円ショップの磁石も。

ケーキなど、ムスメの前で焼いたことなどないのに、ケーキのおもちゃを焼いたつもりで遊んでいるムスメがけなげ。
いろんな子の遊びを、ちゃんと見て覚えてきているんだね~。

次に、コルクの粘着シートで「IHヒーター」代わりのコンロを。
K_07.jpg

レンジサイズは、卓上のりの蓋が、ちょうどいいサイズだったので、それで型どり。
裏返すと、シールになっていて、それを躯体にペタリ。
K_08.jpg

とりあえず、「さま」になってきた。

「一時的な完成品」がこちら。
K_05.jpg

次は、壁側にフックなどをつけて、オタマなどを掛けられるものや、棚など。
水道の蛇口も作ったのだけど、破壊されて修正したものを次回。

そして、前面8センチの空間に、コンロやオーブンのボタンを、ゴムなどを利用して作りたいな~と、材料を集めながら思案中。

ダンボールキッチン作り、まだまだ続く。

(仕事の合間に少しずつ作っているので、写真も明るかったり暗かったり・・・見苦しくて申し訳ない)

【2015/01/22 01:22】 | ハンドメイド
トラックバック(0) |
支援センターに遊びに行くと、小さな手作り椅子に必ず座るムスメ。
子供は「自分の場所」があるのがいいらしい。

って事で、支援センターの先生に習って、牛乳パックで椅子と机を作ってみた。

Ta_01

あとで布張りをするため、牛乳パックのままだと布がくっつかない為、チラシをテーブルに張ってみた。
補強的には、ちょっと弱いし、はがれやすいのが難点。

先生に相談したならば、和紙を貼ると「パン!」と仕上がるよ!というので、椅子は趣味で描いていた水墨画の画仙紙和紙が残っていたので、それを貼ってみた。

Ta_02

おお!なかなかのピッチリ感。
布との相性もよく、椅子はきれいに仕上がりました。

机は、ホームセンターに行って、カラフルなボードの中からムスメがチョイスした黄色のパネルを上部に貼って、ガムテなどで補強しながら完成。

Ta_03

ママ友さんのアイデアのひとつで、椅子は汚れやすいので100円ショップに売っているレジャーシートなど撥水性のあるものを貼るのもいいらしい。

とりあえず、今のところムスメも喜んで使ってくれているので、オッケ~!
机は時々、ひっくり返して「バス~!」といって足の間に挟まって遊んでます。
椅子は時々、ひっくり返して「すべりだ~い」といって遊んでいます。

壊れるのも時間の問題か?

次は、ダンボールキッチンだ!

【2015/01/14 01:19】 | ハンドメイド
トラックバック(0) |
相変わらず、パソコンの調子がイマイチな毎日。
再起動を繰り返しながら、ボチボチやってます。

さて、姪ッ子達に依頼されて、リカちゃん人形のお洋服作り。
今回は「アキバのメイドさん風にして!」という希望に添いまして・・・どうかしら?

rikachan

前からは「それなりに」みえるけど、実は私が持っている2代目リカちゃんにはちょうどだけど、今の子達が持っているリカちゃんにはサイズが合わず・・・背中がカッポリ開いてます。
あ、ちなみに写真のリカちゃんは、ハンドメイド用に購入した今のリカちゃん(4代目)です。

いやはや、恥ずかしい状態であります。

レースは100円ショップ。
エプロンは、私が昔着ていた夏用のブラウス。

さぁ、姪っ子達は背中が見える洋服でも喜んでくれるのか?!?!
ま、私的には勉強になったけど(^^;


今は、テレビゲームの影響か「人形遊び」のやり方がわからない・・・という子達が多いそうです。
「人形の遊び方DVD」なる物がある事を知って、ちょっとびっくり。

私が幼き頃は、みんな「リカちゃん」か「バービーちゃん」を持っていた。
お菓子の箱が「リカちゃんの部屋」になり、フェルトや布の切れ端でカバンとかスリッパとか、簡単な縫い物でできる小物を作ったり。

「今日はパーティーの日」「お店屋さんの日」なんて決めて物語りを作っていく。

ただの「人形遊び」も、発想力を鍛える事が出来る。
着せ替えを繰り返す事で「手先の器用さ」も訓練される。
そして、洋服コーディネートの発想とかも養われていくんだと思う。

いいと思うんだけどな~。人形遊び。

もし子供が生まれるとしたら、女の子がいいな~と思う日々。
贅沢かしら?

さて、まだ天気の悪い日が続くようだし、今度は「アイドルの洋服」なる物を作るか・・・。

【2012/02/04 22:15】 | ハンドメイド
トラックバック(0) |