ツマのつぶやきと、お仕事(似顔絵・イラスト)日記<現在は育児の為お仕事程々>
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日、オットが出張先で撮影してきた標高550m付近にある「立山駅」近辺の積雪の様子です。

yuki_01

立山アルペンルートの玄関口「立山駅」の屋根雪を下ろしている様子・・・・
男性の身長以上の積雪が・・・。

yuki_02

富山地鉄の立山駅も、「雪の大谷」のような“雪の壁”ができあがってます。
さすが「山の麓」は、町中の雪の量と比べものにならないなぁ。


さて、前日の予報士のコメントのフォロー。

「上空の寒気だけをみれば、“どこでも大雪になってもおかしくない状況”だったけど、雪雲がどこに流れていくかは風次第。風が同じ場所に流れれば、そこに雪が集中する」・・・のだそうです。

もっと詳しい話をしたら、北極振動やラニーニャ現象や偏西風の蛇行とか・・・・・専門的な話になって、ツマは眠くなってしまうので、かみ砕くと上記の話でまとまるそうです。

ツマ的に言えば「冬だから雪降って寒くて、当たり前じゃん」って感じなのですが・・・
最近は暖冬傾向で、防災危機管理がちょっとばかり鈍ってしまったのが、昨日は如実に露呈した感じでしたね。

明日の時系列天気予報で、太陽マークが出ていたのが、何よりうれしい。
太陽マークを見るなんて、何日ぶりだろう~!!
この気持ち、太平洋側に住んでいる人にはわからないだろうな~・・・。

でも、今度は「なだれ」に注意ですね。
スポンサーサイト

【2011/02/01 23:43】 | 写真日記
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。