ツマのつぶやきと、お仕事(似顔絵・イラスト)日記<現在は育児の為お仕事程々>
ふるさと不足解消イベントとして、「八乙女山の風神堂祭典」に参加してきました。

山の麓は、地形的に「颪(おろし)」と呼ばれる強風が吹きます。
その強風を鎮める為に風神堂を建て祀と言われているところであります。
(詳しくは、「不吹堂」「風神祭」などで検索して調べてください。いろんな云われがありますので・・・)

八乙女山には、その岩穴から風が吹いている、という所があります。
fujin_02
↑祠の下に岩穴がある

なにせ山の頂上付近にあるので、「クマが怖い」「詳しい場所が分からない」という理由で足踏みしていた場所だったので、井波観光協会のHPを見つけた時は参加を即決。
いろいろとお勉強させていただきました。

ちなみに、「矢於留神社」から延びる道を登っていくと、「不吹堂(ふかんどう)の道」という石標があり、そこをしばらく登ると祠があります。(祠の中は空っぽなので、たぶん、以前祀られていたであろう所かと思うのですが・・・)
fukan_01   fukan_02
残念ながら、こちらのお堂の事は地元の方でもわからないようでした・・・

県内だけでも、この「不吹堂」がいくつか点在しています。
調べて研究するのも楽しいかもね!!


さて、程よく疲れて帰る途中、「麦秋」を迎えた畑と遭遇。
fujin_01
金色に輝く美しい麦。
そして今日は「芒種」(イネ科などの種をまく頃)
現代の暦と二十四節季では1~2カ月ほどのズレがありますが、お天気とは切っても切れない関係。
スポンサーサイト

【2010/06/06 20:01】 | 写真日記
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック