ツマのつぶやきと、お仕事(似顔絵・イラスト)日記<現在は育児の為お仕事程々>
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「絵本作家になりたいな~」なんて淡い考えがあったのは、いつの頃だっただろうか・・・・

なんとなくな状態のまま、学生時代から好きな画家さんが描いた絵本など買い集めていた。
でもね、絵本って意外と高いよね。

毎晩、寝る前に絵本を読んであげているのですが、だいたい4~5冊ほど読まないと、解放してくれないムスメ。
かあちゃん、ちょっと疲れます。

でもね、最近、図書館で見つけた絵本で、ムスメも私もはまったのが、これ。

えほん

大好きな「二俣英五郎」さんが描いた「三匹のこぶた」

なんと、ぶたが「富山弁」らしきものをしゃべり、オオカミが「東北なまり」なセリフ。

「どこけ~」「びっくりしたど~」と、方言で朗読するのも、またおかし。

最近の絵本は、完全な「悪者」を書かず、みんな「仲良しこよし」に改変されていて嫌いなのです。

でも、昔の絵本は、ほぼ原作に忠実。
この絵本でも、ブタ2匹はオオカミに食べられて、レンガのブタはそのオオカミを食べておしまい。

残酷かもしれないけれど、これも世の中の厳しさだよね。
なんて、子供は分かってくれているのでしょうか・・・。

そしてなぜか、最近のムスメのヒットは「オオカミ」が出てくる物語ばかり。
7匹の子ヤギ、三匹のこぶた、赤ずきん・・・・・さて、次は何??
スポンサーサイト

【2015/12/26 00:00】 | ツマのつぶやき
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。