ツマのつぶやきと、お仕事(似顔絵・イラスト)日記<現在は育児の為お仕事程々>
北陸の人間が、太平洋側の町に出かけて、人と出会い、出身地を言うと・・・
「北陸って、雪がいっぱい降るから生活大変やろ?」と、大概言われる。

雪は降る。
だが、生活はできる範囲内だ。
なぜに「大雪地帯」と思われるのであろうか・・・・それは、全国放送の天気予報が、北陸を「新潟を含めた」4県でひとくくりにして発表するせいだ!と、私は常々思っている。


テレビでは、雪の情報などは「多く降る所」の表示がされる。
北陸地方をひとくくりで表示発表すると、どうしても新潟県の山深いところの数字が全国放送で流れてしまうのだ。


ところが、今日の全国放送の天気予報。
降雪予測が「新潟」「富山」「石川」「福井」と事細かに表示されていた!!!

すばらしい!

気象解説者も、「新潟県や北陸地方では~・・・」と、新潟と切り離して喋っていた。

すばらしい!!

やっと、全国放送の天気予報を見ても、違和感なく観られた。

すばらしい!!!

天気の解説する人は、限られた時間内に伝えなくちゃいけない情報がありすぎて、簡潔にする為に「くくり」を作っちゃうのだろうけど、その「くくり」に住んでいる地域の人間が「それ、違うだろう?」と思っちゃう数値を出されたら、信用なくすよね。気象台にも気象解説者にも・・・。

ま、どっちにしろ明日の富山の降雪予想は「60㎝」と多いんだけどね。
新潟の「80㎝」よりはマシか?
スポンサーサイト

【2012/01/24 22:59】 | お天気のはなし
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック